1月8日に南の浜町で行われた、石垣市制施行70周年記念 平成29年 新春凧あげ大会 に参加しました。

「伝統だこ」の部は、参加者が持ち寄ったピキダー、八角、アヨーの部門に分かれ、「自由だこ」の部は、参加者の趣向を凝らした創作だこ のエントリーが見られました。
残念ながら今年は「伝統だこ」の部門にシャクシメー(写真)のエントリーはなかったようです。
※写真は、大会スタッフが用意したシャクシメー

審査基準は、見た目 と 仰角(ぎょうかく…あがった凧の凧ひもと地面の角度)で、我々青年会議所は、仰角審査を担当しました。

序盤は思い通りの風が吹かず、参加者の皆さんも凧あげに苦戦してましたが、風が回り出してからは沢山の凧が次々と空に舞い上がりました。
しかし、大雨の前の風回り(うふあみかじまーい)だったようで、30分後には大雨になり審査は終了しました。

雨の中行われた審査発表では、吉田理事長が八重山青年会議所理事長賞を贈呈しました。

凧あげ大会に参加された執行部、会員の皆さまありがとうございました。