3/4(土) 14:00より、大濱信泉記念館2F多目的ホールにて「第5回海洋タウンミーティング in 石垣島 ~未来につなぐ八重山の自然~」が開催されました。

主催の東海大学海洋学部と総合地球環境学研究所エリアケイパビリティプロジェクトは、地元の人々と連携しながら、石垣島の地域資源の発見と活用に向けた調査・教育活動を実施しており、その成果発表の場である海洋タウンミーティングは今回で5回目の開催で、八重山青年会議所は共催として協力させていただきました。

第1部では、「八重山地域における海洋環境活動の動向」と題して、八重山周辺の海洋事情とその地下資源などの有用性について東海大学海洋学部の山田教授にご講演いただきました。
続いて、「青雲之志を持ち 美しい八重山の未来に貢献する」と題して、八重山青年会議所がこれまで行ってきた環境活動や青少年育成事業の取り組みについて、吉田理事長が講演を行いました。


    
第2部では地元高校生の研究発表や、東海大学の大学生による、石垣自然保護官事務所へのインターン学習を行った報告が行われました。
石垣島の高校生も立派に研究成果の発表をし、専門家からの質問に対しても自分たちの意見をしっかり回答していました。研究の規模や専門性についてはやはり専門家の先生には敵わないのは当然ですが、しっかりと今持ちうる限りの知識や経験をもって一生懸命言葉を選び回答している姿を見て、微笑ましくもあり、また頼もしくも思えました。    
    
    
第2部最終発表は「石垣島における海洋学部の教育活動」と題して、東海大学 海洋学部 坂上准教授より報告がありました。
東海大学海洋学部は、水中ロボットを使って、八重山の海を八重山の青少年達に知ってもらう体験型の事業を継続して行っており、八重山青年会議所もこれまで微力ながら協力をさせていただいてきました。八重山青年会議所においても、青少年達の 八重山を知り八重山を愛す「郷土愛」を育んでいく必要性については重要ファクターと捉え、今年も継続して活動していく所存です。
    
    
兼盛副理事長の挨拶で滞りなく閉会となりました。参加していただいた皆さま、誠にありがとうございました。