2/1(水) 13:30より沖縄県八重山合同庁舎で開催された、沖縄県主催の「おきなわ出会い応援シンポジウム」に、吉田理事長がパネリストとして参加しました。
沖縄県全体の問題、ひいては日本全国の問題でもありますが、このままでは2025年をピークに八重山の人口は減少に転じるという試算が出ております。

人口減少に伴って引き起こされる問題は多岐にわたるため、なんとしてでも人口減少を回避する施策が必要で、今から対策を講じないととても間に合わないということも分かっています。
しかしながら現状は、ここ八重山においても異性と出会える機会が少ないだけではなく、そもそも結婚・子育てに意欲が湧かない若者も増加しているというアンケート調査結果のデータが提示され、驚愕すると同時に危機感を募らせました。

将来の八重山のために、我々青年会議所に出来ることは何なのか。しっかり考えて行動していく必要がありそうです。